タクシー運転手への転職体験談

宮城県の両親の介護が必要となり大阪から移住してタクシー運転手になった体験談

ac66296615071022c473d94f4f5f4227_s

大阪で営業マンをしていた男性が宮城県に住んでいる両親の体調が悪くなり、介護が必要となったり、体調を崩したときに大阪からは駆け付けれないので宮城県でタクシー運転手へと転職した体験談の紹介です。

大阪から実家の宮城県に戻ってタクシー運転手へと転職

私は、大学入学をきっかけに大阪に出てきました。そのまま大阪で就職をして、大阪市中央区に住んでいました。大阪では、オフィス機器の営業マンをしていました。新卒入社をして10年以上働いていましたが、不満が無いわけではありませんでしたが、転職をするほどのことはなくずっと同じ会社で働いていました。

実家の宮城県の両親の体調が悪いと連絡を受けたのですぐに対応できるように宮城県へ戻ることに

そんな時に、実家の宮城県の両親、特に父親の調子が非常に悪くなってきました。私は兄弟もなく、他に両親を見てくれる人はいないことと、独身なので引っ越すことに対して障害もなかったので、思い切ってふるさとである宮城県に戻ることにしました。

仕事については、宮城県に戻ってから営業職ならすぐに見つかるだろうと高を括っていたのですが、意外と募集が少なく、営業職としての募集があっても、取扱商品に興味が持てない業界ばかりでした。

そこで、営業職に限らず職種を広げて仕事探しをしたのですが、タクシー運転手の募集が比較的たくさんあったことと、固定給と歩合給という給料体系が自分の頑張りで稼げると思い、タクシー運転手へと転職することにしました。

タクシー運転手の仕事は親の介護や緊急時に駆け付けやすいので都合が良かった

タクシー運転手の仕事を選んだ最大の理由は、いわゆる営業マンとして背広来て、毎日会社勤めだといくら近くに住んでいても、平日の日中に何かあれば駆け付けることはできません。

タクシー運転手はそのあたりがかなり融通が利きます。仕事中はタクシーに乗って街を走っているわけですから、緊急の連絡があれば、すぐに駆け付けることができます。そのあたりはタクシー会社にもきちんと連絡をすれば配慮いただけるようになっています。ただ、結果として、売上は少なくあるので、その分給料は少なくなりますが、それは仕方ないことです。

また、タクシー運転手は1日の勤務時間が長いかわりに休みの日が多いです。特に平日に休みが取れるので、両親の病院への付き添いなどもしやすいので、その点も非常に助かっています。

タクシー運転手になってみると、残業もなく、思ってた以上に健康的な生活ができている

タクシー運転手に転職をしてみて、嬉しい誤算は想像していた以上に、健康的な生活を送れることです。もともと営業マンでしたので、定時に仕事を上がれるということはありませんでした。仕事終わり後の付き合いなども多くあったので、終電で帰ることも少なくありませんでした。

タクシー運転手の場合には、法律で勤務時間の上限が決められており、それ以上働くことはできません。その点はタクシー会社もきっちり管理をしていて、上限を超えそうになると会社からの命令で休まないといけません。

そうなると思いのほか、自分の時間を取れるようになりました。大阪での営業マン時代は平日は遅くまで働らいて、休日は家の掃除や洗濯をしたりしないといけないので趣味の時間を取れなかったのですが、今はたくさんの自由な時間が取れるので、学生時代までしていた野球を再開することにしました。地域の草野球チームに所属して野球を楽しんでいます。仕事もチームの練習日に合わせて取ることができやすいので、練習量も確保できています。

給与的には、タクシ-の運転手で頑張ってお客様を拾う事を続ければ、前職の営業マンの時とほぼ同額の収入なります。働いている時間は減っているので時給にすればあがっているとも言えます。同僚の中には、休みがきっちり取れるので、私のように趣味に時間を使うのではなく、副業をしている人もたくさんいます。そうすると、結構な収入になっているようです。私は今のところ収入にも不満が無いので、今の生活を続けようと思っています。

最後に1点辛い点といえば、座り仕事になるので、営業マンとして歩き回っていたころに比べて、腰痛が再発することが有ります。その点は自分でケアをしないと仕事ができなくなるので、仕事中でも伸びをしたり、野球のためもあるのですが、毎日ランニングをして運動をしたりするようにしています。

これから、タクシー運転手に転職をされる方はタクシー専門の人材紹介会社の利用がおススメです。私は幸いにも自分にあうタクシー会社を見つけることができましたが、宮城県でもたくさんのタクシー会社があります。それらを見て回るのは難しいのですが、タクシー専門の人材紹介会社だと自分の条件などにあうタクシー会社をピックアップしてくれるうえ、入社が決まると祝い金をいただけます。宮城県だと祝い金は5万円くらいの場合が多いですが、東京だと10万円を超えるようです。このことは転職後に同僚から聞いて、もったいないことをしたなと思ったので、これからタクシー運転手に転職を考えている人は一度相談されてみてはいかがでしょうか。




当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へにほんブログ村

-タクシー運転手への転職体験談
-, ,

おススメ転職情報

タクシー運転手の年収 1
タクシー運転手の実際の年収とは。都道府県別ランキング

タクシー運転手は稼げると言う記事はあっても、実際はどうなの?と疑問に思う人はたくさんいると思います。そこで、厚生労働省の賃金構造基本統計調査からタクシー運転手の年収を調べてみました。

agent 2
タクシー運転手専門の人材紹介会社を利用するメリット

タクシー業界へ転職を考えている場合には、他の仕事への転職と同じように求人情報を探さないといけません。特に初めてタクシー業界、タクシー運転手への転職を考えている場合にはタクシー専門の人材紹介会社の利用にメリットがあります。

タクシードライバーへ転職してよかったこと 3
隔日勤務のタクシー運転手の仕事の1日の大まかな流れ

タクシー運転手の勤務は特殊な隔日勤務という勤務体系です。1日で2日分働き、その分休日が多いという勤務体系です。タクシー運転手の仕事の1日の流れを紹介します。

タクシー運転手になるうえでの注意点 4
タクシー運転手への転職で後悔しないために押さえておくべきポイント

タクシー運転手への転職が成功だと思っている人もいれば、失敗だと思って後悔している人もいます。タクシー運転手への転職が成功と思えるのか、失敗と思うのかは転職前のタクシー運転手の仕事に対する理解や期待値との差だとも言えます。

タクシー運転手のノルマ 5
タクシー運転手への転職はノルマが心配という方へ

タクシー運転手への転職を考えているけど、タクシー運転手にはノルマがあると聞くので達成できずに給料が少なくなったり、解雇されてしまうのではないかと不安に感じる人がいると思います。