タクシー運転手への転職体験談

元総務人事部の男性が都内の株式会社グリーンキャブに転職した体験談

2017/09/13

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s

今回、紹介するのは、社員数700名の会社で総務人事部で働いていていた30代後半の男性が、他人とのコミュニケーションが発生する総務人事の仕事を続けることができず、都内の株式会社グリーンキャブのタクシー運転手に転職をした体験談です。



他人とのコミュニケーションが苦手なため、総務人事の仕事が苦痛で仕方なかった

私は30代後半の年齢まで、民間企業の総務人事部で働いていました。社員数は700名程度の会社でした。私がこの会社を退職した理由は、他人とコミュニケーションをすることが苦手だったことが第一の理由です。企業の総務人事部の場合、給与制度が変更された場合とか、人事評価制度が変更された場合とか、有給休暇の制度が変更された場合など、全社員への周知徹底が必要となるたびに、数回に分けて大会議室に社員を集めて社内説明会をしなければなりません。

あるいは、社内説明会をしたあとも制度の変更を理解できなかった社員から、説明を求められたりして常に誰かと会話をしなければなりませんでした。

私という人間は、他人と会話をすることそのものが苦手でしたし、「大人数の人前で話す」行為については苦痛に感じていました。大人数の前で話すと顔が真っ赤になり、汗だくにあるのです。それが苦痛であり、ついに30代後半の年齢になったときに転職を決意したのでした。

タクシー運転手であれば、誰とも会話しなくて済むだろうと考え、タクシー運転手に転職

私がタクシー運転手に転職した理由は、タクシーの運転手ならば誰とも会話をしなくて済むだろうと考えたからでした。お客さんがいなければ、車内という密室のなかで、ひとりでぼんやりと過ごすことができます。このシチュエーションは私にとっては理想的でした。

転職にあたっては大手のタクシー会社の中から株式会社グリーンキャブを選択

転職にあたっては、なんとなく大手の方が良いのではないかと思い、大手のタクシー会社の中から選択しました。

調べてみると大手のタクシー会社としては、大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、km国際自動車などがあるようでした。業界のこともわからず、会社のこともわからないので、タクシー専門の人材紹介会社に相談をすることにしました。

もともと総務人事という仕事がら業界に特化した人材紹介会社の存在を知っており、業界特化型の人材紹介会社の方が各社の情報を知っているということがわかっていたので、タクシー運転手になろうと決意してすぐにタクシー専門の人材紹介会社に相談をしました。

その結果、私は準大手の株式会社グリーンキャブを選択しました。自宅から通勤しやすかったことと、未経験者への研修が充実していると感じたからです。

タクシー運転手に転職をして仕事に対してのストレスが無くなった

実際に、東京都内の大手タクシー会社のタクシー運転手に転職してみて良かったことは、想定していたとおりに他人とコミュニケーションする機会が大幅に減少したためストレスが減ったことにあります。たまにお客さんのほうから話しかけてくることはありますが、適当に返事をしていればよいので苦になりません。

一方、タクシー運転手へ転職して後悔したと言いますか、デメリットと感じたこともあります。それは年収が減少してしまったことです。私は民間企業の総務部に務めていた頃は、月給だけで額面で45万円もらっていました。ボーナスもありましたから年収は700万円に達していました。

タクシー運転手の中には、700万と言わなくても近い収入の人もいるです。ですが、そういった人はお客さまとコミュニケーションを取り、馴染みのお客さまを見つけ、仕事が途切れない状況を作っているようです。私はそういったコミュニケーションが嫌でタクシー運転手という仕事を始めたので、その点については仕方ないとあきらめています。

▼グリーンキャブへの転職はタクQ経由で入社祝い金が40万円

グリーンキャブへの転職を検討中の方は、タクシー運転手専門の人材紹介会社タクQを利用することで入社祝い金10万円が支給されます。






当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へにほんブログ村

-タクシー運転手への転職体験談

おススメ転職情報

タクシー運転手の年収 1
タクシー運転手の実際の年収とは。都道府県別ランキング

タクシー運転手は稼げると言う記事はあっても、実際はどうなの?と疑問に思う人はたくさんいると思います。そこで、厚生労働省の賃金構造基本統計調査からタクシー運転手の年収を調べてみました。

agent 2
タクシー運転手専門の人材紹介会社を利用するメリット

タクシー業界へ転職を考えている場合には、他の仕事への転職と同じように求人情報を探さないといけません。特に初めてタクシー業界、タクシー運転手への転職を考えている場合にはタクシー専門の人材紹介会社の利用にメリットがあります。

タクシードライバーへ転職してよかったこと 3
隔日勤務のタクシー運転手の仕事の1日の大まかな流れ

タクシー運転手の勤務は特殊な隔日勤務という勤務体系です。1日で2日分働き、その分休日が多いという勤務体系です。タクシー運転手の仕事の1日の流れを紹介します。

タクシー運転手になるうえでの注意点 4
タクシー運転手への転職で後悔しないために押さえておくべきポイント

タクシー運転手への転職が成功だと思っている人もいれば、失敗だと思って後悔している人もいます。タクシー運転手への転職が成功と思えるのか、失敗と思うのかは転職前のタクシー運転手の仕事に対する理解や期待値との差だとも言えます。

タクシー運転手のノルマ 5
タクシー運転手への転職はノルマが心配という方へ

タクシー運転手への転職を考えているけど、タクシー運転手にはノルマがあると聞くので達成できずに給料が少なくなったり、解雇されてしまうのではないかと不安に感じる人がいると思います。