タクシー運転手への転職情報

タクシー運転手として上京すれば上京資金不要

2017/11/17

タクシー運転手として上京

夢を叶えるために地方から東京に行きたいと思う人はたくさんいますが、上京するとなるとそれなりに資金が必要となります。資金がほとんどいらずに状況するのがタクシー運転手として上京するという方法です。


上京するには、50万円以上の資金と仕事が必要

地方から東京に出てくるとなると大きく2つの問題があります。

住む場所の家賃、敷金・礼金や引っ越し代金、家具類などの調達費用、そして自分自身の移動費などで最低でも50万円ほどは必要となります。

物件費用だけで敷金・礼金や手数料を含めると家賃の4倍ほどが必要

住む場所となる物件費用として、初月には、家賃1か月分、敷金・礼金が家賃の2か月分、不動産会社への手数料が1か月分が発生しますので、家賃の4か月分が必要となります。

東京の家賃相場は住む場所によって異なりますが、5万円以上は必要ですので、最低でも20万円ほどが必要ということなります。

また、東京に出てきてその日に住む場所を見つけるというわけにはいきませんので、事前に物件探しで上京するとなると、往復費用で数万円が必要となります。

引っ越しや家具類の購入で10万円以上が必要

また、生活するには家具や電化製品が必要となります。持っていくにしても購入するにしても、最低限必要と思われるものだけを準備しても、一般的には10万円以上が必要と言われています。

仕事が見つかるまでの生活費が必要

東京に出てきてから仕事を探すとなると仕事が見つかるまでの生活費が必要となります。

 

自分自身の移動費などを考えると、一般的には上京してくるには50万円は必要と言われています。

 

タクシー運転手として上京すると寮や社宅があり、給与保証がある

タクシー運転手には、寮や社宅のあるタクシー会社や給与保証のあるタクシー会社が多くあります。資金もほとんど不要で、生活の心配なく東京に出てくることができます。

東京の土地勘がないため、タクシー運転手として仕事ができるのか不安な方も多いと思いますが、タクシー運転手として上京してくる人は少なくないため、サポートのしっかりした会社も多くあります。また、最近ではほとんどの車両にカーナビがついている点でも安心です。

タクシー運転手の勤務体系は「隔日勤務」と言われる1日で2日分を働く勤務体系が一般的です。そのため、12日勤務で18日休日といった会社が多く、夢を叶えるために上京する人にとっては、休日を別の活動に使うことができます。また、副業が許可されているタクシー会社も多いため、その点でも生活を確保しながら、夢を叶えるための活動を休日にするという形での上京が可能です。

 

東京のタクシー会社に就職するおススメの方法

東京のタクシー会社に就職するには、タクシー会社に直接応募するという方法もありますが、タクシー専門の人材紹介会社を使うことをおススメします。土地勘もなく、初めての仕事には不安があるかと思います。専門家に相談しながら就職活動をすることであなたの条件にぴったりのタクシー会社を紹介してくれます。

入社祝い金45万円と面接の旅費交通費が支給される
タクシー専門の人材紹介会社【タクQ】




さまざまなタクシー会社の情報を見て転職したいと思われている方にはタクシー運転手専門の人材紹介会社があります。その中でも【タクQ】は、入社祝い金制度がある人材紹介会社です。

最大45万円の入社祝い金をもらえる

【タクQ】で転職が決定すると、【タクQ】から入社祝い金が10万円、転職先のタクシー会社から10~35万円の入社祝い金をもらえます。最大で45万円の入社祝い金をもらうことができます。

地方からの転職希望者にありがたい旅費交通費支給

地方からの転職の場合には、どうしても面接等への旅費交通費の負担が大きいです。これから転職するという人にとっては、限りある資金をできるだけ減らしたくないというのが実情です。

【タクQ】では、面接にかかる旅費交通費を支給してくれるのでお金の減る心配がいりません。

タクシー業界への転職のプロに相談ができる

【タクQ】はタクシー運転手専門の人材紹介会社です。初めてタクシー業界に転職する人にはさまざまな不安があると思います。また、さまざまな条件があると思います。希望の条件を満たす会社をゼロから探すのはなかなか難しいです。そこをプロに相談できます。

一度、公式サイトを見てみてください。

koshiki_gray

 

入社後3か月は42万円保証、1年目の年収500万円が期待できる
東洋交通株式会社




タクシー専門の人材紹介会社ではなく、東京のタクシー会社に直接応募するという方法もあります。東洋交通株式会社は、異業種からの転職してきた未経験者には安心の制度を用意しています。

入社後3か月は月給42万円保証。歩合給が無くても1年目は年収300万円は保証

入社3か月は月給42万円が保証されます。4か月目からの月給は19万2940円+歩合給となり、賞与が年に3回あります。歩合給がまったく無くても、1年目には、42万円×3か月+19万×9か月で297万円の収入が確定しています。

2年目から歩合給をたくさん頂けるように、1年目にしっかりとコツを身につける期間があると言えます。

研修制度が充実、英語も話せるようになる

東京オリンピックが控えており、東京では海外からの観光客を乗車させる機会が増えることが予測されます。東洋交通株式会社では、英語の研修制度が用意されています。収入を得ながら英語を話すようになれます。

家族との時間もしっかりとれる勤務制度

タクシー運転手というと、勤務が不定期で家族との時間が取れないとイメージされる方も多いと思います。東洋交通株式会社は、家族との時間もしっかりとれる勤務制度を用意しています。

  • 日曜日は完全休業日
  • 勤務時間はフレックスタイム
  • 年に3回の大型連休制度

興味を持った方はぜひ、公式サイトを確認してみてください。

koshiki_gray




当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へにほんブログ村

-タクシー運転手への転職情報
-,

おススメ転職情報

タクシー運転手の年収 1
タクシー運転手の実際の年収とは。都道府県別ランキング

タクシー運転手は稼げると言う記事はあっても、実際はどうなの?と疑問に思う人はたくさんいると思います。そこで、厚生労働省の賃金構造基本統計調査からタクシー運転手の年収を調べてみました。

agent 2
タクシー運転手専門の人材紹介会社を利用するメリット

タクシー業界へ転職を考えている場合には、他の仕事への転職と同じように求人情報を探さないといけません。特に初めてタクシー業界、タクシー運転手への転職を考えている場合にはタクシー専門の人材紹介会社の利用にメリットがあります。

タクシードライバーへ転職してよかったこと 3
隔日勤務のタクシー運転手の仕事の1日の大まかな流れ

タクシー運転手の勤務は特殊な隔日勤務という勤務体系です。1日で2日分働き、その分休日が多いという勤務体系です。タクシー運転手の仕事の1日の流れを紹介します。

タクシー運転手になるうえでの注意点 4
タクシー運転手への転職で後悔しないために押さえておくべきポイント

タクシー運転手への転職が成功だと思っている人もいれば、失敗だと思って後悔している人もいます。タクシー運転手への転職が成功と思えるのか、失敗と思うのかは転職前のタクシー運転手の仕事に対する理解や期待値との差だとも言えます。

タクシー運転手のノルマ 5
タクシー運転手への転職はノルマが心配という方へ

タクシー運転手への転職を考えているけど、タクシー運転手にはノルマがあると聞くので達成できずに給料が少なくなったり、解雇されてしまうのではないかと不安に感じる人がいると思います。