タクシー運転手への転職情報

タクシー運転手への転職における面接の採用基準

2017/09/12

業界専門の人材紹介会社

タクシー会社の人事を担当している人によるタクシー運転手を採用する際の面接の採用基準、選考基準についてのコラムを投稿いただきました。


タクシー運転手への転職における面接の採用基準

タクシー業界に転職する場合には、他の職種と同じように人事選考は受ける事になります。通常は、書類選考をしたのちに、面接という運びになります。タクシー運転手への転職をしてくる人の多くが他業界、他職種など異業種転職となります。また、このサイトのようなところでタクシー運転手への転職について調べている人はほとんど異業種転職だと思います。

書類選考については、ビジネスマンとしてきちんと書かれているということが重要です。タクシー運転手なら誰でも採用してくれるだろうとう気持ちで応募をしてくる人がいます。そういった方の応募書類は見ればわかりますので、当然、書類選考で落とすことになります。書類選考で落とす書類のパターンとしては、自己PRや志望動機が書かれていなかったり、書かれていてもどこの会社、職種でも通用するような書き方がされている場合です。この点については、タクシー運転手に関わらず転職をするうえで基本的なことです。

では、本題の面接についてです。

タクシー運転手への転職の面接ではビジョンとやる気が大事

面接時における選考ポイントは数点がありますが、まず大事なのはビジョンとビジョンから感じられるやる気です。

タクシー運転手への転職にあたっては、転職後の姿をイメージしていると思います。その転職後のイメージを確認することが多いです。そしてそのビジョンを通してやる気が感じられるかどうかというか大事です。

経験者採用の面接であれば、面接においてスキルや経験のマッチングに重きを置くと思いますが、タクシー運転手に限らず未経験からの異業種転職の場合には、スキルや経験よりもやる気を重視します。特にタクシー運転手の場合には、昔からタクシー運転手に成りたかったという人は少ないのが実情です。他の仕事であれば、昔からの憧れで、独学で勉強していたといったことがPRとなることもあるでしょうが、タクシー運転手の場合には、そのようなストーリーを持っている転職希望者はほとんどいません。ですので、なぜ、タクシー運転手になろうと思ったのか、そしてタクシー運転手になった自分の姿をどのようにイメージしているのかが大事なわけです。

そして、そこからやる気が感じられるかどうかで採用・不採用が決定するケースが多くあります。ただ、ここで勘違いしてほしくない点があります。ニュアンスが伝わりにくいかもしれませんが、タクシー運転手の仕事がどうしてもやりたいということを前面に押し出すだけがやる気のPRではありません。タクシー運転手の仕事への応募に至った理由は人によってさまざまです。その理由をきちんと言っていただければいいのです。

自分の長所と短所についてはあらかじめ考えておく

ビジョン、やる気の他には、自分の長所や短所について聞かれます。この点については、タクシー運転手への転職に限りませんが、単に長所、短所を答えるのではなく、タクシー運転手への仕事にどうつなげるかが大事です。

タクシー運転手に求められる要素として、運転技術、地理的知識、接客能力、体力といったものがあります。長所からはこのいずれかの要素のPRにつなげることができればよいです。短所については、この要素に引っかかる点があれば、その点については改善の努力をしているという形や、過去の仕事でその短所をどのように克服してきたかということを伝えてください。

この点については、事前に考えて準備しておくことができますので、必ず事前に考えておくことをおススメします。こういった必ず来るような質問に対して事前に考えていたかどうかということもやる気を感じさせる一つの要素にもなります。

前職関する質問、前職の退職理由など

転職者の場合は、やはり前職に関しては必ず質問をされます。転職についての質問大きく2つあり、前職で経験したことと、前職の退職理由です。この点もタクシー運転手に限らず転職において聞かれる質問です。

まず、前職での経験ですが、単に経験を伝えるのではなく、その経験がタクシー運転手に活かせるという形で伝えることができればベストです。前項であげたようにタクシー運転手に求めらる運転技術、地理的知識、接客能力、体力のどれかにつなげることができれば良いです。

次に前職の退職理由についても聞かれます。退職というのは不満や不平があってするものです。そのことは面接をする方も良く分かっています。だからといって前職の不平、不満を口にするのは得策ではありません。後ろ向きな印象を与えずに前向きな印象を与えるように答える必要があります。

服装や身だしなみかからの清潔な印象と前向きな印象を与える

ここまで上げた質問に対する回答だけでなく、服装や身だしなみについてもチェックされています。タクシー運転手は接客業ですので、清潔な印象の人の方が良いです。

まず、面接は基本的にはスーツスタイルで面接を受ける事になりますが、きちんと適正な服装を着用しているか否かは、重視されると考えて良いでしょう。タクシー会社によっては制服のあるところもありますが、面接における服装、身だしなみから清潔感が漂っていれば、採用される確率も高まります。

最後に前向きな印象を与えるコツとして、回答時に否定形で終わらずに肯定系で終わるというものがあります。例えば、「最後に質問がありませんか?」という質問に対して、「ありません」と否定形で答えるよりも「疑問点については本日に質問できましたので、大丈夫です」と肯定系で答えるだけで印象が変わります。

タクシー会社や面接官によって重視するポイントは多少は違うかもしれませんが、上記の要素は必ずチェックされていると考えてください。このコラムを参考に転職成功できる人が一人でも増えればと思います。みなさん、頑張ってください。

 




当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へにほんブログ村

-タクシー運転手への転職情報
-, ,

おススメ転職情報

タクシー運転手の年収 1
タクシー運転手の実際の年収とは。都道府県別ランキング

タクシー運転手は稼げると言う記事はあっても、実際はどうなの?と疑問に思う人はたくさんいると思います。そこで、厚生労働省の賃金構造基本統計調査からタクシー運転手の年収を調べてみました。

agent 2
タクシー運転手専門の人材紹介会社を利用するメリット

タクシー業界へ転職を考えている場合には、他の仕事への転職と同じように求人情報を探さないといけません。特に初めてタクシー業界、タクシー運転手への転職を考えている場合にはタクシー専門の人材紹介会社の利用にメリットがあります。

タクシードライバーへ転職してよかったこと 3
隔日勤務のタクシー運転手の仕事の1日の大まかな流れ

タクシー運転手の勤務は特殊な隔日勤務という勤務体系です。1日で2日分働き、その分休日が多いという勤務体系です。タクシー運転手の仕事の1日の流れを紹介します。

タクシー運転手になるうえでの注意点 4
タクシー運転手への転職で後悔しないために押さえておくべきポイント

タクシー運転手への転職が成功だと思っている人もいれば、失敗だと思って後悔している人もいます。タクシー運転手への転職が成功と思えるのか、失敗と思うのかは転職前のタクシー運転手の仕事に対する理解や期待値との差だとも言えます。

タクシー運転手のノルマ 5
タクシー運転手への転職はノルマが心配という方へ

タクシー運転手への転職を考えているけど、タクシー運転手にはノルマがあると聞くので達成できずに給料が少なくなったり、解雇されてしまうのではないかと不安に感じる人がいると思います。