タクシー運転手への転職体験談

飲食店で10回以上の転職を繰り返した男性がタクシー運転手へと転職した体験談

2017/11/21

bc42ca3fded94936aa9cd757adbe2a6e_s

高校卒業後に5年間寿司屋に勤務し、その後、飲食店ばかり10回以上の転職を繰り返した男性が、最終的にタクシー運転手へと転職した体験談です。



飲食店を中心に10回以上の転職を繰り返した男性がタクシー運転手へと転職

私はかなりの転職を繰り返しており、10回以上の転職をしています。市販の履歴書では職歴の記入欄が足りなくなるレベルの転職回数です。そんな私の体験談です。

私は、高校を卒業してから寿司職人を目指し、都内の某寿司屋に5年勤務しました。5年間頑張りましたが、下積み時代は長く厳しい修行が辛くなり、人間関係もあまり良好とは言えなかったので、違う料理に変えようと思い始めました。そこから、転職を繰り返しとなりました。

料理をすることは好きなので飲食店を中心に転職を繰り返した

寿司職人は嫌になったものの元来料理することは大好きだったのでお寿司以外の飲食店で働きたいと思っていました。そこで、私は、プライベートでラーメン屋巡りをずっとやっていてかなりのラーメン通だと周りに言われていました。自宅でも色んな味のラーメンを作っていたので、売れるラーメン作りの力になろうとラーメン屋で働くことに決めました。

チェーン店の有名なラーメン屋だったので、お客さんはお昼休みと晩御飯の時間は非常に忙しい毎日で、やりがいがありました。このラーメン店でずっと長く続けていくつもりでしたが、店長クラスになるとラーメン作りとは関係ない営業が増え、料理することはなくなりました。

店長になると料理ができなくなるので、そのたびに転職をしていた

私はどうしても料理を作って喜んでもらう仕事がしたがったので、いくらお給料日やポジションがアップしても日々の仕事がつまらなくなり、また料理する仕事を探していました。その当時私が付き合っていた彼女がイタリアンが大好きなので、よくデートにはイタリアンレストランに行っていました。私もパスタやピザを作るのが得意だったので今度はイタリアンレストランに就職しました。

イタリアンは昔アルバイトでやった経験があるので早く仕事を覚え、楽しんで仕事ができました。そのお店でもマネージャーになり、お給料日も今までの仕事では一番高給になりました。しかし、そうなるとまた料理ができなくなるので、転職をしました。そういったことを繰り返していました。

30代後半になると料理しかできない自分に不安を感じ始めた

ただ、そんなことを繰り返していて30代後半になってきたときに、急に自分の人生が不安になりました。自分は料理の仕事しか出来ない。それで良いのだろうかと思いだしたのです。料理が好きで常に現場にいたいと思っていましたが、自分の人生を考えると料理以外の仕事ができるようにならないといけないと思いました。

独立開業をするか悩んだが、タクシー運転手としての道を選んだ

少し唐突な話の展開ですが、独立開業をするか悩んだ結果、タクシー運転手としての道を選びました。それは、最初は、これまで飲食店での経験があるので、レストランでの独立開業を考えたのです。しかしながら、レストラン開業にはお金がかかります。これまでの経験から飲食店では、お店の内装、外装にかかる費用だけではなく、特に東京では集客に対しても大きなお金がかかると知っていました。また、飲食店は移り変わりが激しく、閉店したお店もたくさん見てきました。

フランチャイズのお店ならどうだろうと説明会なども行きました。そういったことを繰り返しているうちに、自分はレストランをしたいのではなく、自分だけでコントロールできる仕事がしたかったということに気づきました。別に飲食店で無くても良いのではないかと思いだしたのです。

その気づきをきっかけに、業界や職種にとらわれずに幅広く求人誌や求人サイトなどを見るようになり、これまで目を向けてこなかった仕事について調べるようになりました。そんな中、タクシー運転手の仕事は自分だけで仕事をコントロールでき、収入も自分の頑張りが反映される仕事だと気づいたのです。

もともと、ドライブが趣味で、仕事が無い休日はいつも運転をしていましたので、その点からも私にいったりではないかと思ったのです。

飲食店の経験しかない私にとって転職活動は大変でした

タクシー運転手というと世間的には誰でもなれるという印象がありますが、そうではありませんでした。何件かのタクシー会社に面接に行きましたが、これまでの転職回数の多さとすべての職歴が飲食業ということでその点を面接で突っ込まれるとどうしてもうまく答えることができませんした。

私はこれまで飲食業界での転職を繰り返してたので、転職回数が多くても経験を買ってくれ、転職をすることができていました。面接での自己PRもその点だけで十分だったのです。ですが、今回は業界が違うということでそういった方法が通用しませんでした。

そこで、タクシー専門の人材紹介会社に登録をすることにしました。そうするとコンサルタントの人がいろいろとアドバイスをしてくれたのです。私は自分が仕事をコントロール出来る自由な仕事をすることに決めたので、新しいチャレンジとして、タクシー運転手として頑張っていきたいということをPRするようにしたところ、無事、タクシー運転手になることができました。

タクシー運転手となって、現在で5年となります。職歴として過去最長となりました。振り返ってみると、これまでの飲食店では、料理人として採用され、その後、店長やマネージャーなどポジションが変わることで仕事内容が変わり、そのことで嫌になったりして、転職をしてきました。ですが、タクシー運転手は基本的にそういうことがありませんので、長く続けることができそうです。

 




当サイトは、ブログ村に登録をしています。よろしければ、下記バナーをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へにほんブログ村

-タクシー運転手への転職体験談
-, ,

おススメ転職情報

タクシー運転手の年収 1
タクシー運転手の実際の年収とは。都道府県別ランキング

タクシー運転手は稼げると言う記事はあっても、実際はどうなの?と疑問に思う人はたくさんいると思います。そこで、厚生労働省の賃金構造基本統計調査からタクシー運転手の年収を調べてみました。

agent 2
タクシー運転手専門の人材紹介会社を利用するメリット

タクシー業界へ転職を考えている場合には、他の仕事への転職と同じように求人情報を探さないといけません。特に初めてタクシー業界、タクシー運転手への転職を考えている場合にはタクシー専門の人材紹介会社の利用にメリットがあります。

タクシードライバーへ転職してよかったこと 3
隔日勤務のタクシー運転手の仕事の1日の大まかな流れ

タクシー運転手の勤務は特殊な隔日勤務という勤務体系です。1日で2日分働き、その分休日が多いという勤務体系です。タクシー運転手の仕事の1日の流れを紹介します。

タクシー運転手になるうえでの注意点 4
タクシー運転手への転職で後悔しないために押さえておくべきポイント

タクシー運転手への転職が成功だと思っている人もいれば、失敗だと思って後悔している人もいます。タクシー運転手への転職が成功と思えるのか、失敗と思うのかは転職前のタクシー運転手の仕事に対する理解や期待値との差だとも言えます。

タクシー運転手のノルマ 5
タクシー運転手への転職はノルマが心配という方へ

タクシー運転手への転職を考えているけど、タクシー運転手にはノルマがあると聞くので達成できずに給料が少なくなったり、解雇されてしまうのではないかと不安に感じる人がいると思います。